2017/08/26 23:59

マイカゴールドなど、メタリック系の転写紙を御注文される場合、色が乗る部分を黒にして入稿して下さい。
(基本的なデータ作成方法については、【オリジナル転写紙の作成方法】のページを御覧ください)

データ作成時の注意点として、白黒画像を送って頂く場合、グレースケールの画像ではなく、必ず【白黒2値】の画像としてください。
灰色の部分には全てインクが乗るため、グレースケールの画像の場合、イメージと違う転写紙が出来上がってしまう可能性があります。

【例】

グレイスケール画像サンプル

グレースケール画像サンプル

 

上の画像の場合、白と黒の他に、灰色の部分がありますので、このまま入稿した場合、出来上がる転写紙のイメージは、以下のようになります(色はイメージです)

転写紙イメージ

転写紙イメージ

【白黒2値画像の作り方】

グレースケールの元画像を白黒に変換するには、Photoshopなどで、色調補正を選択すれば可能ですが、Irfanviewなどのフリーソフトを使っても簡単に色の変換ができます。

また、Microsoft Word やPowerpointなどのオフィスソフトを使っても、色調変換ができますので、以下に、簡単に説明しておきます。
(Wordを使った画像ファイルの作り方は、【オリジナル転写紙の作成方法】のページに動画を掲載しているので参考にして下さい)

【1】

Word に変換対象の画像を貼り付け、画像を選択して、メニューから【書式】を選択します。(図1)

図1

図1

【2】

【書式】メニューから【色】を選択します。(図2)

図2

図2

【3】

【色】メニューの中の【色の変更】にある「白黒:25%」、「白黒:50%」、「白黒:75%」のどれかを選び、イメージに近い変換をしてください。(図3)

図3

図3

【4】

図4は、【白黒:50%】を選んで変換した結果です。変換後は、通常通りファイルの保存を選んで終了です。

図4